NPO法人草の実会 シープ保育所(横浜保育室認定)

トップページ > 災害時の対応

災害時の対応

保育所は地域の緊急避難所です

保育所は地域の緊急避難所の役割を担っています。
そのためシープ保育所の子どもたちはもちろん、近隣の子どもたちの避難受入れも行いますのでご了承ください。

緊急避難所としての対策

保育所には小さい赤ちゃんもいますので、全員で広域避難所まで移動するのは大変危険であり、知らない場所で保護者の方のお迎えを待つことは、小さな子どもにとって精神的な負担になります。
したがって、基本的には、保育園・園前の歩道から動かない方針を取っています。

また、災害時は停電・交通機関の不通・通信手段の遮断などが想定されますので、保護者の方が職場から保育園までたどり着けない場合を考えて、次の対策をとっています。

  1. 自家発電機の備え(常時点検)
  2. 水の備蓄
  3. 食糧(米・みそ・粉ミルクなど)の備蓄
  4. 薪・炭などの燃料の備蓄
  5. トイレの備え
  6. 布団・衣類の備え

保護者の方がお迎えに来られるまでは、子どもたちが安心して過ごせるように備えています。

このページのトップへ

トップページシープの保育年間行事一日の生活こだわりの給食|災害時の対応|アクセスマップお知らせ・お問い合わせ

Copyright © Sheep-Hoikusho. All Rights Reserved.